塩川徹の治療技術向上塾 塩川徹の治療技術向上塾 【柔道整復師・鍼灸師・整体師の治療技術・知識向上に役立つ情報を発信します】

塩川徹(しおかわ とおる)

塩川 徹(しおかわ とおる)
しおかわ鍼灸接骨治療院院長
http://www.honekun.com

趣味
ギター・車・バイク・音楽
プッシュ中のアーティスト
尾崎裕哉・藤原さくら・森恵
週末の楽しみ
土曜日の診療が終われば、まずは王将に行って餃子2人前とビール

MAIL
MAGAZINE

メールマガジン
『塩川徹の治療技術向上塾』

登録はこちら!

【リンパ浮腫の患者さんの症状を悪化させてしまいました ~治療の最大目標とは?~】

ブログ

 

本日、乳がんオペ後のリンパ浮腫の患者さまの一人がいつも通り来院されました。

いつものように、具合を聞くと

「金曜日から急にむくみだして、元にもどってもたわー。。。」とのこと。

それを聞いた瞬間、(やってもたー)と思いました。

 

この患者さん、週に2回の治療で、これまではとても順調に症状が軽減してきておりました。

前回の治療の最中に、「やることがいっぱいありすぎて、時間が足らんわ―」とおっしゃっていたので、治療が終わり、お会計を済ませ、

次回の予約を決めるときに、「今までは週に2回でしたが、調子もいいので週に1回にしてみましょうーかー?」と伝えて、週に2回を1回にしたんです。

この時、患者さんがとても不安そうな表情をしたんです。

そのことには気づいてはいたんですが、次の患者さんも来られていたので、そのまま1週間後の予約を取ってお帰り頂きました。

 

ここが失敗ポイントです。。。

 

この時の患者様の心理状況としては、

「今まで週に2回治療をしてきたのに、急に半分の週に1回にしても大丈夫だろうか?」

だったと思います。

たしかに忙しかったかもしれません。ですが、患者さまをその心理状況のまま帰らせてしまった事が大失敗でした。
きちんと今の状況を説明し、安心して週1回に減らせるというところまで、患者さんを安心させてから週1回に治療頻度をさげるべきでした。

臨床で治療をされている先生ならよくお分かりだと思いますが、患者さまの心理状況と治療効果はものすごく関係があります。
プラセボ効果という言葉があるように、名前はついておりませんが「逆プラセボ効果」ももちろんあります。
今回はその「逆プラセボ効果」を発揮させてしまったという事ですね。
よく治療家の方にお話しをするのですが、治療の最大目的は

「患者さんの心(思考)を変化させること」です。

患者さん自信が「治る!」と思えればすぐに治りますし、「治らない!」と感じれば良くなるものもなかなか良くなりません。
治療技術はもちろん大事ですが、この「患者さんの心(思考)を変化させる」という意味では、もっともっといろんな事が重要になってきます。

患者さんとの信頼関係・話し方・言葉の選び方などなど。

もっと範囲を広げると、院内の清掃状況・先生の制服なども関係してきますし、ブログなどSNSの投稿内容も関係してきます。

最終的に私がお伝えさせて頂くのは、
「患者さんが、目にして、耳にして、肌で感じて、五感を使って感じる事すべてが患者さんの思考を変化させ、それが治療効果につながるんです」と。

院内の清掃状況、スタッフの身だしなみ、患者さんとのコミュニケーション、言葉の選び方などなど、患者さんが目にして耳にするもの全てが私たちの治療の効果を上げることもあり下げることもあるという事をしっかりと認識すれば、何かが変わるかもしれませんね。
あなたのその髪型が治療効果を下げているのかもしれません!

私達治療家の最大目標は「患者さんの症状を軽減する事」であり、全ての行動の目的もまた、「患者さんの症状を軽減する事」にならなければいけません。

コメントする

必須 が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
※コメントは即時反映されない場合があります。

塩川徹(しおかわ とおる)

塩川 徹(しおかわ とおる)
しおかわ鍼灸接骨治療院院長
http://www.honekun.com

趣味
ギター・車・バイク・音楽
プッシュ中のアーティスト
尾崎裕哉・藤原さくら・森恵
週末の楽しみ
土曜日の診療が終われば、まずは王将に行って餃子2人前とビール

MAIL
MAGAZINE

メールマガジン
『塩川徹の治療技術向上塾』

登録はこちら!